紙袋の様々な利用方法

おすすめの記事

カテゴリ:紙袋の二次利用

紙袋はどこに片付けますか?

紙袋で最大のものとは 紙袋が欲しいという人で、どうしても大きなものが欲しいという人のなかには、最大の大きさでどの程度に至るものかと考える人も多いことでしょう。 紙袋の大きさの決…

詳しく読む

カテゴリ:おしゃれな紙袋

紙袋の広告的価値

宣伝効果が高い紙袋とは 各種のお店やデパート、またサービス店などでは、それぞれにオリジナルな紙袋を準備しており、高級品を扱うケースでは紙袋も大変高級なものを使用しています。紙袋は…

詳しく読む

紙袋は使い勝手も良い

軽く持つことができるバックというとトートバックなどの布のバックが安価なものも多く使いやすいですが、布のトートバックだけでなく紙袋もとても便利です。紙袋は布のトートバックと異なり、水で濡れてしまうと破れてしまうことも多いですが、紙袋でも素材が丈夫なものであれば、乾けばまた普通に使えるということもあるものです。ですから湿気が多い梅雨の時期や雨が降りそうな日であれば防水スプレーをかけて使ってみても良いでしょう。また、弱い紙袋であれば二重に重ねて使うことで重いものにも対応できるようにしてみても良いです。そして紙袋は中身ごと人に渡せるというのもメリットです。
何か贈り物を渡す時、トートバックに入れているような状態であればわざわざトートバックの中から中身を出さなければいけないというようなこともあるので、そういった時は紙袋のほうが便利です。紙袋は購入したものであっても1枚あたりの単価がとても安いですから、渡してから後悔することもないですし、受取った相手も過度に気にするようなこともなくて良いでしょう。紙袋は目的に応じて柄も色も大きさも使い分けることができるのでとても便利です。かさばらないのも良い点になります。

紙袋のリメイク方法

最近の紙袋ってデザインが可愛いから捨てるのがもったい!と思って大量にストックしてあるけど、実際はそんなに使い道がないかも…。なんて、感じた事はありませんか?
そんな方にオススメの紙袋のリメイク方法をご紹介します。

まず1つ目のリメイク方法はティッシュケースです。ティッシュボックスを紙袋の底に置き、紙袋の上部分をティッシュボックスの高さより少し上のところでカットします。カットした部分を内側に折り曲げ、紙袋の両端をピンチやクリップなどでとめればケースの完成です。
2つ目のリメイク方法は壁掛けゴミ箱です。まずは、紙袋の中にビニール袋をセットします。次に壁に画鋲やフックを付け、そこに紙袋の持ち手を引っ掛ければ壁掛けゴミ箱の完成です。
3つ目のリメイク方法は収納ボックスです。収納ボックスの作り方は基本的に同じで、紙袋の上部分をカットし、切り口を内側(外側でも可)に折り曲げれば完成です。
高さを収納するものに合わせれば、ポケットテッシュやコミック、衣服や小物など、どんな物にも使えます。

中でもオススメなのが野菜の収納です。ジャガイモや玉ねぎなどは、比較的長い間ストックしますよね。そんな野菜を紙袋収納ボックスに入れれば見た目もオシャレになります。さらに紙袋は湿気も吸ってくれるので、野菜収納にはピッタリなのです。

ニュース

センスの良い紙袋を持ちたい

紙袋は目立てばいいものではない 紙袋で、高級ブランドでないことや、看板を単にデカデカと掲揚しているだけではナンセンスだと思っている人にとって、アイディアで目立たせてみてはいかがでしょうか。 人から目を引い…

詳しく読む

紙袋はどこに片付けますか?

紙袋で最大のものとは 紙袋が欲しいという人で、どうしても大きなものが欲しいという人のなかには、最大の大きさでどの程度に至るものかと考える人も多いことでしょう。 紙袋の大きさの決定する要因とは、原紙ロールの…

詳しく読む

紙袋の様々な利用方法

紙袋は使い勝手も良い 軽く持つことができるバックというとトートバックなどの布のバックが安価なものも多く使いやすいですが、布のトートバックだけでなく紙袋もとても便利です。紙袋は布のトートバックと異なり、水で濡…

詳しく読む

紙袋の広告的価値

宣伝効果が高い紙袋とは 各種のお店やデパート、またサービス店などでは、それぞれにオリジナルな紙袋を準備しており、高級品を扱うケースでは紙袋も大変高級なものを使用しています。紙袋はそのお店や会社の顔とも言えま…

詳しく読む